カジノで踊るには?

カジノで踊るのは、楽しくワクワクしますが、踊り方がよくわからない場合にはどうでしょうか? 友達が皆踊っている間、その楽しんでいる姿をただ見ていることしかできないなんて。そんな光景を想像すると、やりきれない自分が想像に容易いですよね。こうした状況を回避するには、自宅で踊りの練習を始めてみましょう。必要なのは時間と


少しのガイダンスのみです。カジノダンスの大半にはパートナーが必要です。パートナーがいない場合やオーケストラの演奏中であったり、シンガーとして踊る場合は、ソロダンスという選択肢もあります。この記事では、カジノダンスをご紹介します。

ペアダンス:

パレハとも呼ばれるスリーポイントのダンスです。パートナーが向かい合って円を描きながら踊ります。円を描きながら、腕や体の複雑な動きのパターンを含め、様々な動きをしていきます。北米のサルサスタイルやアメリカやヨーロッパのスタジオで習うダンスとは異なります。

カジノダンスには、グアペア(スワガー)またはポーズなどのいくつかの基本的なステップがあり、最初の位置から左足を後方に動かすなどをしてリードするリーダーがいます。足を後方ではなく前方に動かすサルサの基本的なステップの一つとは真逆の動きを取ります。

カジノダンスでは、男性が「マッチョ」役を務め、女性がフェミニンかつセクシーさを演出します。これは筋肉をふんだんに使うルンバの影響を受けています。ダンス中、ブレイクタイムをとってソロでも踊ってみましょう。そして、お互いに距離を縮めて、肩や腰に触れずにじらし合うのです。カジノダンスの男性の動きは、アフロキューバン グアグアンコスタイルの影響を受けていて、男性が女性を誘惑してじらす方法で見せ付けます。

ソロダンス:

スエルタとも呼ばれ、パートナーなしで踊ります。ステージシンガーやオーケストラのダンサーは、ソロで踊ります。カジノダンスの大半は輪になって踊りますが、ソロダンスのみ一列になって踊ります。グループをリードするリーダーが存在し、ステップを踏み、動きの名称を発声しながら、手のジェスチャーも加えます。フォロワーグループはその動きに従います。

その他のペアダンス:

トリオやクワトロは、パートナーを必要とするダンススタイルです。リーダーと2人以上のパートナーが複雑なパターンで踊ります。トリオでは、2人のリーダーがリードします。振り付けがされている「ルー・ドゥ・カジノ」では、パートナーの変更が出来ます。このダンスは今流行りなので、あらゆるカジノで見ることができます。円を描きながら踊り、リーダーがコールしたり手で合図をしたりして、フォロワーがそれに続いていきます。このダンスは場に壮大な光景を演出します。

多くの人達が、カジノダンスは、思いのままに体を動かして、予測が付かない動きをするものだと思われているのではと察しますが、実際にはそうではありません。この記事を読んだ後では、カジノダンスは、想像より中々奥が深いという事がお分かりになったのではないでしょうか。是非カジノダンスを学んで、ご友人達を驚かせてみてはいかがでしょうか。

Posted by Sakata Shunko

Leave a Reply